溶接技術 市内企業の本職が藤工高生に直接指導
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県藤岡市の鉄骨製造業、鐵建の社員が講師を務める溶接実技指導が14日、同市の藤岡工業高(久保田満校長)で開かれ、機械科1年生約40人が溶接技術の基礎を学んだ=写真

 空気中の放電現象を利用して、同じ金属をつなぎ合わせるアーク溶接について説明を受けた後、生徒が実際に挑戦。社員3人が身守る中、集中して作業を進め、火花を飛ばしながら機械を操った。

 同社は地域貢献活動の一環として、6年前から同校で溶接技術の指導に当たっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事