障害児支援3団体に菓子 明治HD、県庁で贈呈式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
菓子を受け取った3団体の代表者

 明治ホールディングス(HD、東京都)と同社株主は15日、障害のある子どもの支援などに取り組む群馬県内のNPO法人3団体に自社製品の菓子とジュースを6箱ずつ贈った。県庁昭和庁舎のNPO・ボランティアサロンぐんまで同日、贈呈式を開いた。

 同サロンのコーディネーターが推薦したラポールの会(藤岡市)、ゆい(高崎市)、彩(前橋市)の各NPO法人が対象となった。

 障害児通所施設の運営などを行う「彩」の只野美佐子理事長(63)は「クリスマス会で頂いたお菓子を味わいたい。今年はコロナ禍でさまざまなイベントが制限されたので、みんな喜んでくれると思う」とほほ笑んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事