北部のみなかみ藤原で積雪80センチ 15日の県内 16日も降雪注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内は15日、冬型の気圧配置で強い寒気が流れ込んだため全域で今季一番の冷え込みとなり、北部では今季初の積雪を観測した。午後7時までの積雪量は藤原(みなかみ)80センチ、みなかみ27センチ、草津8センチ。16日も北部では多いところで70センチの雪が降る見込み。

 前橋地方気象台は15日午後、沼田市やみなかみ町などに大雪警報を発令。北部の山地では交通の遅れや路面の凍結、雪崩への注意を呼び掛けている。17日までは強い寒気の影響で北部を中心に雪が降るとみられる。

 16日の予想最高気温は前橋7度、みなかみ氷点下1度。同日は南部の山地でも雪が降る見通し。

 大雪のため、JR上越線は15日午前9時50分ごろから六日町―水上間の上下線で運転を見合わせ、約9時間半後に運転を再開した。16日は始発から平常通り運転する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事