新型コロナ 防護服の着脱など確認 県と社会福祉協議会が研修会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
応援職員の派遣に備えて開かれた研修会

 新型コロナウイルスへの感染などで職員が不足した介護施設に応援職員を派遣する群馬県の「高齢者・障害者施設への応援職員派遣支援事業」について、県と県社会福祉協議会(川原武男会長)は15日、前橋市の県生涯学習センターで、県内の施設職員を対象にした研修会を開いた。約30人が同事業への理解を深め、感染防止対策や防護服の着脱手順を再確認した。

 県介護高齢課の西沢和晃さんと、くすの木病院(藤岡市藤岡)の感染管理認定看護師、荒井よし江さんが講師を担当。西沢さんは同事業における応援職員派遣の流れを説明し、「派遣前後の職員のPCR検査は補助対象になる」「原則として応援職員は同一業種の施設に派遣される」といった指針を解説した。

 荒井さんは手指消毒など介護施設での注意点をはじめ、感染経路別の予防策、施設内感染発生時の対応を説明。ビニールエプロンとフェースシールドを配り、参加者が素手で触れずに着脱する方法を学んだ。

 研修会は16、17の両日にも開催し、来年1月下旬には県内障害者施設の職員を対象に行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事