今年解決した事件名記し、だるまを前橋市に返納 警視庁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
だるまを手渡す警視庁捜査1課の2人

 事件解決や安全祈願のために贈呈されただるまを返納するため、警視庁捜査1課の捜査員2人が18日、前橋市役所を訪れ、今年解決した15件の事件名を記しただるまを山本龍市長に手渡した。

 訪れたのは花見秀一警部補(39)と高木敦朗巡査部長(37)。背面に書き入れられた事件名を確認した山本市長は「今年もたくさんの痛ましい事件があった」と振り返り、花見警部補は「だるまは1課長席の後ろに置かれていて、見守られている感じがする」と精神的な助けになったことを明かした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事