寄せ書きで高齢者激励 伊勢崎・ほほえみの会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 コロナ禍で訪問できない施設のお年寄りを励まそうと、群馬県伊勢崎市傾聴ボランティアほほえみの会が市内の高齢者施設12カ所に寄せ書きの色紙を贈っている。18日は稲葉芳明会長ら3人が同市平和町の「銘仙の家」を訪れ、井上恵美子施設長に色紙4枚を手渡した=写真

 色紙はリンゴの絵に「だまりで語らいましょう いつかの様に」、「はやく皆様に会えますように」などと記されている。井上施設長は「家族とも会えない中、外とのつながりを感じられる色紙は、お年寄りも喜ぶと思う」と感謝した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事