事故現場周辺を確認する自治体や県警の関係者=16日午後3時ごろ、前橋市北代田町
高齢者の車暴走から1週間 認知機能 低下の恐れ
 市立前橋高の女子生徒2人がはねられた事故は16日で1週間が経過した。2人...
個人番号カードを使ってマイタクを利用する夫妻
個人番号でマイタク利用 社会実証実験 前橋市が開始
 交通弱者支援のためのタクシー運賃助成事業(マイタク)で、前橋市は11日、...
「公共交通を充実」 高校生被害の事故受け前橋市長が方針
 群馬県の市立前橋高の女子生徒2人が高齢者の運転する車にはねられた事故を受...
市立前橋高周辺を巡回するパトカー=10日午後4時15分ごろ
容疑者の車 エアバッグ開く衝撃 前橋の女子高生2人重体事故
 市立前橋高の女子生徒2人がはねられて重体となった事故で、自動車運転処罰法...
 
《女子高生2人重体》やまない高齢者事故 免許返納者は右肩上がり 昨年5715人過去最多
 前橋市で9日、自転車で登校途中の女子高校生2人が市内の85歳の男=自動車...
女子高生2人がはねられた事故現場。追い越し禁止などの標識が立っている=9日午前10時10分ごろ、前橋市北代田町
始業式の朝 暗転 自転車の女子高生2人はねられ重体 運転の85歳男逮捕 前橋
 9日午前8時25分ごろ、前橋市北代田町の群馬県道前橋赤城線で、自転車に乗...
始業式の朝 暗転 自転車の女子高生2人はねられ重体 運転の85歳男逮捕 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女子高生2人がはねられた事故現場。追い越し禁止などの標識が立っている=9日午前10時10分ごろ、前橋市北代田町
 
女子高生2人が乗っていた自転車と事故車両=9日午前9時40分ごろ

 9日午前8時25分ごろ、前橋市北代田町の群馬県道前橋赤城線で、自転車に乗っていた市立前橋高1年の太田さくらさん(16)=同市高井町=と、同校3年の大嶋実来さん(18)=同市元総社町=が乗用車にはねられた。2人は頭などを強く打ち意識不明の重体。前橋署は同日夜、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同市下細井町、無職、川端清勝容疑者(85)を逮捕した。

◎「気付いたら事故起こしていた」

 同校はこの日が始業式で登校途中だった。2人は市内の病院に搬送された。

 逮捕容疑は、2人の自転車に相次いで衝突し、けがを負わせた疑い。同署によると、川端容疑者は容疑を認め、「気付いたら事故を起こしていた」と話している。

 川端容疑者は県道を南へ走行中、対向車線にはみ出し、路側帯を走っていた太田さんをはね、民家の塀に衝突した後、大嶋さんをはねた。さらに走行車線に戻り、渋滞で止まっていた同市の男性会社員(35)の軽乗用車に衝突した。川端容疑者は頭、男性は首にそれぞれ軽傷を負った。現場にブレーキ痕はなかった。同署は男性の負傷についても、同容疑で捜査を進める。

 川端容疑者はこの事故の直前、約150メートル北の同県道交差点で、対向車線で右折待ちをしていた同市の女性(26)の乗用車と、右のドアミラー同士が接触する事故を起こしていた。市内の老人福祉センターに向かう途中だった。

 県警によると、昨年、認知機能検査を経て免許が更新されていた。

 現場は片側1車線の直線道路。周辺は住宅が多く、同校から直線で約1キロ。

◎「早く回復して」 容疑者、認知機能に不安

 始業式の朝が暗転した。はねられて重体となった2人の女子高生の親族は言葉を失った。川端容疑者の親族は「運転しないように普段から言っていた。申し訳ない」と語った。

 「優しい子。正月は一緒に過ごした。4、5日前に交通安全のお守りをくれた。生きてさえいてくれれば…」と、重体となった太田さくらさんの親族の男性(74)。「悔しく、やるせない。行政などに対策を考えてほしい。こんな事故はなくなってほしい」と涙した。

 重体となった大嶋実来さんの親族の60代女性は「本当にショック。何も考えられない」と言葉を絞り出した。「いつも元気をもらっている。代われるものなら代わってあげたい。早く元気な笑顔を見たい」と沈痛な面持ちだった。近所の60代女性は「進学先も決まったと聞いた。一刻も早く回復して元気に卒業してほしい」と話した。

 2人が通う市立前橋高は全校集会を開いて生徒指導の教諭が事故について説明し、放課後の部活動を取りやめた。悴田利行教頭は「やりきれない。生徒の心のケアに当たりたい」と話した。同級生は「悲しい」「ショック」などと肩を落としていた。

 川端容疑者の親族の50代女性によると、認知機能に不安があるなどしたため、普段から車を運転しないように伝えていたという。車で外出しようとしたのでいったんは止めたが、目を離した隙に出掛けてしまったといい、「あの時に鍵を取り上げていればよかった。(被害者が)大変心配」と涙ながらに話した。

 事故を受けて県教委は、登下校中の安全配慮などを呼び掛ける通知を、県立高や各市町村教委などに出すことを決めた。

◎自転車変形、荷物が散乱

 事故現場には、前輪が大きく変形した自転車が路上に倒れ、事故に遭った女子高生のものとみられる靴やリュックが散乱していた。事故車両は前部が破損し、右側面にこすったような大きな痕跡があった。

 「渋滞の車列に並んでいたら、ものすごい速度の車がセンターラインをはみ出して追い越していった」。事故を目撃した前橋市の60代女性はこう証言した。

 現場近くに住む60代男性は大きな物音で屋外に出たところ、女子高生が心臓マッサージを受けているのを見たという。「どれほどの衝撃だったのだろう。(運転手が)車からはうように出てきた」と振り返った。

 近所の50代女性によると、運転手は警察官に事情を聴かれても「よく分からない」と言い、ぼうぜんとしていたという。女性は「(市立前橋高は)息子も通っていた。心が痛い」と表情を曇らせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事