7種のおきりこみ 群大附小児童が振る舞う 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 郷土料理のおきりこみをPRしようと、群馬大附属小(上條隆校長)の5年生32人が9日、前橋市中心街で開かれた前橋初市まつりに参加し、自分たちで味付けを考えたおきりこみを来場者に食べてもらった。

 作ったのはカレー味、ピリ辛味、トマトスープ味など7種類。若い人にも興味を持ってもらうことを心掛け、地元野菜を多く使った。児童はおきりこみをわんに盛り付け=写真、元気良く来場者に配った。作り方はインターネットで公開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事