事故現場周辺を確認する自治体や県警の関係者=16日午後3時ごろ、前橋市北代田町
高齢者の車暴走から1週間 認知機能 低下の恐れ
 市立前橋高の女子生徒2人がはねられた事故は16日で1週間が経過した。2人...
個人番号カードを使ってマイタクを利用する夫妻
個人番号でマイタク利用 社会実証実験 前橋市が開始
 交通弱者支援のためのタクシー運賃助成事業(マイタク)で、前橋市は11日、...
「公共交通を充実」 高校生被害の事故受け前橋市長が方針
 群馬県の市立前橋高の女子生徒2人が高齢者の運転する車にはねられた事故を受...
市立前橋高周辺を巡回するパトカー=10日午後4時15分ごろ
容疑者の車 エアバッグ開く衝撃 前橋の女子高生2人重体事故
 市立前橋高の女子生徒2人がはねられて重体となった事故で、自動車運転処罰法...
 
《女子高生2人重体》やまない高齢者事故 免許返納者は右肩上がり 昨年5715人過去最多
 前橋市で9日、自転車で登校途中の女子高校生2人が市内の85歳の男=自動車...
女子高生2人がはねられた事故現場。追い越し禁止などの標識が立っている=9日午前10時10分ごろ、前橋市北代田町
始業式の朝 暗転 自転車の女子高生2人はねられ重体 運転の85歳男逮捕 前橋
 9日午前8時25分ごろ、前橋市北代田町の群馬県道前橋赤城線で、自転車に乗...
《女子高生2人重体》やまない高齢者事故 免許返納者は右肩上がり 昨年5715人過去最多
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市で9日、自転車で登校途中の女子高校生2人が市内の85歳の男=自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕=の乗用車にはねられ、重体となった事故。高齢運転者による重大事故は全国で後を絶たない。群馬県内では高崎市で2016年3月、登校中の児童の列に70代男性の車が突っ込み、小学1年の男児らが死傷した。運転するリスクを考慮して運転免許証を自主返納する高齢者は年々増えており、17年は過去最多の5715人が返納した。

 県警によると、17年に高齢者が関係した人身事故は3950件で全体の31.0%を占めた。このうち高齢者が過失の重い第一当事者となった事故は67.5%に当たる2665件だった。

 昨年3月に施行された改正道交法で、75歳以上の免許保有者は3年ごとの更新時などに認知機能を確かめる検査を受けることになった。県内では17年10月までに3万515人が検査を受け、1256人が認知症の恐れがある第1分類と判定された。うち62人が専門医の診察を経て認知症と診断され、免許を取り消された。認知機能低下の恐れがある第2分類は1万43人いた。

 免許を自主返納した高齢者は、返納制度ができた1998年の16人から右肩上がりで増加している。背景には、返納者に公共交通機関などの料金を自治体が助成する取り組みが広がっていることがある。自動運転技術を活用して高齢者が安全に運転を続けられる社会を目指す動きも活発になっている。

 県警は昨年、前橋市の元総社町と南橘町をモデル地区に指定し、高齢者に加齢による体の衰えや事故のリスクについて理解を深めてもらい、無理なく返納できる人を掘り起こしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事