コロナ対策が影響? インフルエンザの群馬県内感染報告 まだ5人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症との同時流行が懸念されているインフルエンザは今シーズン、全国でまだ流行期に入っていない。群馬県衛生環境研究所(衛環研)による県内の集計では、群馬県指定医療機関からの感染者報告数の累計が5人にとどまる状況だ。昨シーズンの同時期の累計は2760人に上っていた。新型コロナ感染拡大に伴うマスク着用や手指消毒といった感染防止策が影響している可能性がある。ただ、今後の動向の予測は難しく、新型コロナも含めた対策の徹底が引き続き求められる。

◎学年・学級閉鎖も71校→ゼロ
 インフルエンザの発生が確認された場合、群馬県が定点として指定した87の医療機関が保健所に報告することになっている。流行開始の目安は1定点当たりの報告数が1.00とされている。

 衛環研などによると、今年は第49週(11月30日~12月6日)に1人、第51週(12月14~20日)に4人が報告されたのみ。第51週での1定点当たりの報告数を比較すると、前年の14.06に対し、わずか0.05にとどまっている。例年だと、1定点当たりの報告数が伸び始める期間に該当するものの、様相が大きく異なっている。

 昨年12月に社会福祉施設や医療機関で計42件発生した集団発生については、今シーズンはまだ確認されていない。昨年の第51週までに学年・学級閉鎖は71校あったが、現状はゼロで推移している。

 今シーズンの状況について、感染症に詳しい群馬県医師会の川島崇副会長は「新型コロナ対策で多くの人が手洗いやマスクなどの対策をする効果が出ている」と指摘する。さらに新型コロナウイルスが勢力を広げている影響で、インフルエンザウイルス自体が少ない状況になっている可能性もあるとみている。

 ただ、県内のインフルエンザ流行のピークは例年1~2月で、県は今後流行する可能性は否定できないとして警戒を続ける。

 発熱やせきなどの症状が出るインフルエンザは、新型コロナと見分けるのが難しく、感染者数の急増と新型コロナのさらなる拡大が重なれば、医療機関での混乱や対応困難な状況が予想される。県感染症危機管理室は「インフルエンザ予防は新型コロナ対策にもつながる。基本的な感染症対策の継続をお願いしたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事