コロナ避け楽しく 群馬県内の小中学校が冬休みに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋、高崎など群馬県内18市町村の小中学校が25日、2学期の終業式を迎え、全35市町村で冬休みに入った。県から全ての県民へ外出自粛が要請されたまま突入する異例の年末年始で、各校が手洗いや消毒に注意するよう呼び掛けた。

 前橋駒形小は密集を防ごうと、各教室のテレビを通して式を実施。高木恵一校長は「事故に注意して楽しい冬休みを」と語り掛けた。3年生の教室では一人一人が担任教諭から通知表を受け取り、冬休みの過ごし方の注意点に耳を傾けた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事