力いっぱい「よいしょ!」 富岡のこども園で餅つき
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県富岡市の富岡ひばり第二こども園(古矢良信園長)は、恒例の餅つき大会を園庭で開いた。新型コロナウイルスの感染予防を徹底した上で、子どもたちが一生懸命に餅をついた=写真

 子どもたちは小さな手できねを持ち、うすの中でぴかぴか光るもち米に振り下ろした。感染予防のため今回は会場では食べず、鏡餅やのし餅にした。鏡餅は年明けにあられにして食べる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事