南部平野部も積雪の可能性 きょう群馬県内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内は12日、低気圧や寒気の影響で、未明から昼すぎにかけて断続的に雪や雨が降る見込み。南部の平野部でも積雪の可能性がある。

 前橋地方気象台によると、同日午後6時までの24時間降雪量は山間地が北部8センチ、南部5センチ。平野部は北部、南部とも2センチの予想。予想最低気温は前橋0度、みなかみ氷点下5度。

 国土交通省関東地方整備局は突然の降雪による立ち往生や路面凍結によるスリップの恐れがあるとして、冬用タイヤやチェーンを早めに装着するよう呼び掛けている。

JR東日本新潟支社によると、除雪作業のため、上越線長岡―水上間の上下線は始発から終日、列車の運行を見合わせる。

 13日は高気圧に覆われ、気温が上昇する見通し。予想最高気温は前橋11度、みなかみ6度。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事