eスポーツ部新設、全国大会の出場狙うぞ 桐生一高、県内全日制で初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーム「ロケットリーグ」の練習に励むパソコン部員

 オンラインゲームで腕前を競う「eスポーツ」に本格的に取り組もうと、群馬県桐生市の桐生第一高は4月、部活動としてeスポーツ部を新たに設ける。競技として練習や情報共有に打ち込める場を部員に提供し、全国大会レベルの選手輩出を目指す。eスポーツに特化した部活動はこれまで通信制高校で設けられた例はあるが、県内の全日制では初めてという。

eスポーツを巡り、同校は昨年11月、パソコン専門店「ドスパラ」を展開するサードウェーブ(東京都)の「高校eスポーツ部支援プログラム」を活用し、ゲーミングPCなどの専用機材を無償でレンタル。パソコン部員12人が練習を重ねてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事