バレンタインも健康志向 高崎高島屋がチョコ内覧会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高崎高島屋(群馬県高崎市、竹下真社長)は19日、バレンタインデーに合わせて国内外のチョコレートを販売する催事「アムール・デュ・ショコラ」の内覧会を開いた。外出自粛による運動不足で注目される健康志向のケーキや医療従事者支援につながるチョコなどを紹介した=写真

 28日~2月14日で93ブランドを展開。糖質がゆっくり吸収される素材を使った商品や自宅でトッピングできるチョコなどがそろう。永井酒造(川場村)の「水芭蕉」を練り込んだ生チョコレート(1620円)は同催事のオリジナルだ。


【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事