フットパスの成果報告 3自治体代表者ら 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 県青少年育成事業団が進める「ユースまち探検プロジェクト フットパス事業」の合同報告会が21日、前橋市の県青少年会館で開かれた。渋川市、上野村、高山村の3自治体で事業を進める代表者らが、これまでの実績を振り返った=写真

 事業は2018年からの3カ年計画で、同事業団と3自治体で地域の魅力を知る町歩きイベントを開催。高山村星の子ふるさと探検隊の野口賢人隊長は「村をゆっくり回れたと好評だった」と話し、上野村の事例を代理で紹介した事業団の茂木昭利さんは「Iターンの若者の交流にうってつけだった」と評価した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事