坂東小6年生に宮大工の技紹介 生形さんが生き方講座 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 伊勢崎坂東小(内藤武志校長)は21日、伊勢崎市の同校で、いせさき教育アンバサダーで宮大工の生形雄一さんを招いた「生き方講座」を開いた。6年生82人が講演や鉋(かんな)がけの体験などを通して日本の伝統を学んだほか、自身の将来について考えた=写真

 生形さんは自身が携わった社寺建築の写真を見せながら、宮大工の仕事を紹介。高校時代に弓道に打ち込んだ体験が、上棟式で弓を引く行事に役立っていることを例に挙げ、「皆さんも、今やっていることが大人になって役立つことがある。頑張ってほしい」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事