安全を守る決意 警察官309人新たに 群馬県警 年頭視閲式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県警は12日、前橋市内の機動隊庁舎で年頭視閲式を開き、警察官ら309人が県民の安心安全を守る決意を新たにした。

 山本和毅本部長や丸山和貴県公安委員長、大沢正明知事らが、部隊ごとに整列した警察官の姿勢や服装を点検して回った。その後、警察官らは来賓の見守る中、音楽隊の演奏に合わせ力強く行進した=写真

 山本本部長は「国際的なテロやサイバー攻撃なども懸念される中、職務に全力で尽くしてほしい」と訓示。丸山公安委員長は「一致団結し、県民の期待に応えてもらいたい」と呼び掛けた。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事