24日夕ごろまで降雪か 平野部でも10センチ予報 群馬県内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
23日に降りだした雨は平野部でも夜から雪に変わった=同日午後9時半ごろ、前橋市古市町

 気象庁によると、低気圧が通過する影響で、群馬県内で23日に降りだした雨は次第に雪に変わり、24日昼ごろまでに全域で大雪となる恐れがある。国土交通省や同庁は23日、路面凍結や降雪による車の立ち往生や公共交通の乱れに警戒を呼び掛けた。大雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるよう求めている。

 前橋地方気象台によると、降雪のピークは24日未明から昼前の見通し。同日午後6時までの24時間降雪量は、多いところで山地は北部30センチ、南部25センチ、平地は北部と南部が共に10センチと予想されている。降雪は同日夕ごろまでの見込み。予想より降水量が多くなったり、冷え込みが厳しくなったりすると、降雪量がさらに増える可能性もある。

 JR東日本高崎支社によると、降雪の影響で24日に県内の5路線で、運休する可能性がある。対象は上越線(高崎―水上間)、信越本線(高崎―横川間)、吾妻線(高崎―大前間)、両毛線(小山―高崎間)、八高線(高麗川―高崎間)。その他の路線でも大幅なダイヤの乱れが発生する可能性があるという。同支社は利用者に対し、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼び掛けている。

 国交省は、車を運転する場合は「冬タイヤの装着やチェーンの携行などが必要」と注意喚起。除雪で道路が通行止めになる可能性があるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事