「はるな」後継の群馬県新防災ヘリ公開 安全装備が充実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 2018年の墜落事故で失われた群馬県県防災ヘリコプター「はるな」の後継機の内覧会が26日、前橋市の群馬ヘリポートにある県防災航空センターで行われ、安全装備を充実させた新機体が報道関係者に公開された=写真。安全管理を徹底する訓練が続いており、今夏にも山岳救助など現場での運用を開始する。

 格納庫で係員が外部電源のコードをつなぎ、操縦席の天井前方のスイッチを入れると、冷却ファンがうなりを上げて計器類に光がともった。屋外に運び出されると、日差しを受けて白い機体を輝かせた。

 新機体はレオナルド社製のAW139型。全長16.62メートル、全高4.98メートルで定員は15人。最大巡航速度は時速277キロ、最大航続距離は約800キロ。納品に関する落札額は19億9650万円だった。

 事故の教訓から、対地接近や空中衝突を回避するための警報装置をはじめ、自動操縦装置、やりとりを記録するボイスレコーダー、機体の状況を記録するフライトレコーダーを装備した。操縦席内を毎秒4こまの静止画と音声で記録するドライブレコーダーのような装置も備えた。

 機長と副操縦士の「ダブルパイロット制」による運用を予定しており、吉田高広県危機管理監は「県民の安全確保のため、安全運航に着実に取り組んでいく」と語った。


【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事