地元の小麦で「百年饂飩」 館林市内の小学校に給食
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 館林市に根付く小麦文化を身近に感じてもらおうと、邑楽館林産の小麦を製粉した「百年小麦」のブランド化に向けて活動する百年小麦ブランド化委員会などは26日、市内全小学校の給食に、同小麦を使った「百年饂飩うどん」を提供した。

 館林七小では、同委員会のメンバーが2年生の教室を訪れて、百年饂飩の特徴を説明。子どもたちは特製のけんちんうどんに舌鼓を打った=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事