「百年小麦」魅力をPR 知名度アップへ お菓子味わって 館林商工高で加工品販売会 明和
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 百年小麦ブランド化委員会は20日にも、館林商工高の課題研究グループ「百年小麦PR班」とともに、明和町の同校で百年小麦を使用した商品の販売会を開いた。多くの生徒らが笑顔でどら焼きやマドレーヌなどを受け取った=写真

 同グループが全校生徒を対象にアンケートしたところ、百年小麦があまり知られていなかったことから販売会を企画。チラシ配布などのPR活動を行い、生徒ら80人以上が地元和菓子店の商品を購入した。同グループでリーダーを務める堀江愛允里さん(3年)は「販売会をきっかけに、多くの人に百年小麦を知ってもらえればうれしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事