コロナで生活苦影響か 相談先周知の必要性指摘 前橋で県自殺対策連絡協
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自殺対策について意見を出し合う委員ら

 県内の自殺対策の在り方を検討する県自殺対策連絡協議会(会長・福田正人群馬大大学院教授)が27日、前橋市のぐんま男女共同参画センターで開かれた。行政や医療機関などの代表者らが参加し、コロナ禍における自殺対策について意見交換した。

 会合では2020年の自殺の状況が報告された。1~11月までの暫定値で、全国の自殺者数は1万8864人、本県は327人だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事