学校のSDGs 取り組みを紹介 藤岡でユネスコスクール研修会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修会の様子

 第6回県ユネスコスクール研修会(県ユネスコ連絡協議会主催)が27日、藤岡市総合学習センターで開かれた。県内の学校やユネスコ協会の関係者ら65人が参加。SDGs(持続可能な開発目標)やESD(持続可能な開発のための教育)に関連した取り組みや課題などについて理解を深めた。

 沼田ユネスコ協会事務局長の大島俊夫さんが、ユネスコスクールに加盟する利根実業高の活動を報告。サービスエリアでの花壇製作やイノシシによる農業被害への対策研究、被災地でのそば打ちボランティアなどを共有した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事