センター試験始まる 群馬県内9415人が受験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 大学入試センター試験が13日、群馬県内16会場を含む全国695会場で始まった。2日間の日程で、初日は地理歴史・公民、国語、外国語が行われ、前橋市の群馬大荒牧キャンパスでは受験者が真剣な面持ちで試験に臨んだ=写真。14日は理科と数学が行われる。

 県内会場で受験する志願者は前年より15人多い9415人。受験者が最も多かったのは外国語(筆記)で、志願者の95.2%の8960人が挑んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事