《NEWSインサイド》太田・やぶ塚温泉郷 歴史の湯に時代の波
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新田義貞にまつわる言い伝えが残るやぶ塚温泉郷
国内外のヘビを紹介しているジャパン・スネークセンター

 群馬県太田市藪塚町の温泉街「やぶ塚温泉郷」が苦境に立たされている。群馬の主要温泉地の一つで、「新田義貞の隠し湯」と言い伝えられる歴史があるものの、来客数は減り続け、「にぎわいがなくなる一方だ」と嘆く関係者は少なくない。ピーク時の1980年代に約10軒あった旅館・ホテルは5軒まで減った。さらに、昨年からの新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちを掛けている。(時田菜月)

■合併前は一体
 この地域での温泉の発見は14世紀ごろで、1876年に本格的な温泉宿の営業が始まったとされている。

 温泉郷のレジャースポットとして、国内外のヘビに出合える「ジャパン・スネークセンター」が1965年に開園。80年に当時の人気ドラマ「木枯し紋次郎」の舞台を再現した「三日月村」が完成すると、全国から大勢の観光客が訪れるようになった。藪塚本町旅館組合の今井実組合長(69)は「周りの畑が車でいっぱいになり、客が来過ぎて宿泊を断ることもあった」と振り返る。

 だが、時の流れとともに活気が徐々に失われつつある。2005年、旧藪塚本町と太田市の合併で町の観光協会が解散。これを機に、後継者不足に悩み、採算が合わなくなった旅館が相次いで閉館した。今井組合長は「合併前は協会と組合が一体となって街を盛り上げてきた。今はその連携が取れておらず、組合の団結もなくなった」と話す。組合のメリットを感じられないとして、昨年には脱退する組合員もいた。

■GoToで回復
 夫婦で経営する「今井館」は、新型コロナ感染拡大に伴う持続化給付金の支給や、政府の観光支援事業「Go To トラベル」による来客で昨年11月の売り上げが前年の倍になった。温泉街には年間の売り上げが7割減った施設もあったが、同館は1~2割減にとどまった。だが、新型コロナの収束が見通せないため、館主の今井和夫さん(72)は「今後はどうなるか…」と不安を募らせる。

 かつては温泉街で協力して観光キャラバンを実施していたが、合併後は行われていないという。今井さんは、世代交代などで旅館によって運営の考え方に違いが出てきたことが、温泉郷としてのまとまりが希薄になった原因の一つと考えている。「うちは小規模だから、少しでも客が来ればやっていける。だが、そうでないところもあるだろう」とつぶやいた。

◎公開収録誘致やヘビの動画…誘客へメディア駆使し奮闘
 新型コロナウイルスの影響も重なり、客足が遠のいた状況が続く太田市藪塚町のやぶ塚温泉郷。衰退に歯止めをかけようと、奮闘する関係者もいる。

 集客の起爆剤になればと、「ホテルふせじま」の伏島一晴社長(46)は昨年、「出張! なんでも鑑定団 in 太田」実行委員会を地元有志で立ち上げた。各地のお宝を専門家が鑑定する人気テレビ番組のための地元組織。昨春予定された市内での公開収録は延期されたが、今年5月にようやく実施される方向だ。

 活性化策を模索する伏島社長は「この状況下で集客目的のイベント企画は難しい。地元の青年部を中心に市を巻き込んで新たなアイデアを考えなければ」と前を向く。

 施設の老朽化が課題になっているジャパン・スネークセンターは昨年3月、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公式チャンネルを立ち上げた。収益の安定化や、ヘビの正しい知識の情報発信を目的に動画を制作。シマヘビの一日を観察した動画の再生回数は約3万5000回、毒ヘビのニホンマムシの危険性を紹介した動画は約43万回とヒットしている。

 新型コロナの影響で、センターの収益は5~7割減ったが、動画配信に伴う利益で年間来園者数の2~3割分を補填ほてんできているという。動画配信に関わる事業を担当する同センターの高木優さん(25)は「新たなファンの獲得につながっている」と手応えを感じている。

 現在、視聴者とチャットでやりとりできる生配信に積極的に取り組んでいる。昨秋には、視聴した来園者から撮影機材や菓子の差し入れがあり、「応援してくれている気持ちがうれしかった」という。

 現状では大きな収益は見込めないものの、「施設を改修するときに手助けしてくれるファンもいるかもしれない。良い宣伝ツールができた」と期待している。

 群馬経済研究所研究員の井草祐美さんは、近場で観光を楽しむ「マイクロツーリズム」の重要性を強調する。県が昨年6~7月に行った県民対象の宿泊補助事業「愛郷ぐんまプロジェクト」の利用が延べ約32万7000人だったことを踏まえ、「消費者は近場で安心して行ける場所を求める傾向にある」と指摘する。

 同温泉郷は県外からの利用客が多い。新型コロナの影響下における消費者心理の変化を利用し、市民や県民に対するPRを強化することで「新規顧客の獲得が期待できる」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事