新聞紙スリッパ、簡易マスク作り 児童が災害時の対応学ぶ 安中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県安中市の松井田小で13日、地域住民と児童が交流する「どんどんフェスタ」が開かれた。防災をテーマにワークショップや起震車体験などが行われ、災害時の正しい行動を学んだ。

 ワークショップでは日本防災士会県支部の3人が講師となり、避難所で使用する新聞紙のスリッパや、キッチンペーパーを用いた簡易マスクの作り方を指導した=写真。日根野楓真君(4年)は「災害の時に必要なものが分かった。家でも作ってみたい」と感心した様子だった。

 アルファ米で作るおにぎりや豚汁の炊き出し、災害時の対応の仕方をクイズ形式で学ぶ講座もあった。

 同校PTAが主催。東日本大震災以降、テーマを変えながらイベントを開いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事