出前、持ち帰り情報発信 伊勢崎商工会議所HPなどで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「消費活動で笑顔の連鎖を生み出したい」と話す秋山さん

 新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが落ち込む地元経済を活性化しようと、群馬県伊勢崎市などは1日、「いせさきの飲食店を食べて!応援!キャンペーン」を始めた。商工団体や民間と連携し、出前や持ち帰り対応店の情報をインターネットで発信する。

 出前ができる店の連絡先やメニューの一覧表を作成し、伊勢崎商工会議所のホームページで公開している。市などの会員制交流サイト(SNS)で持ち帰り対応店の情報発信も強化し、市民や市内事業所に役立ててもらう。

 市と同会議所、群馬伊勢崎商工会、まきばプロジェクトが主催。発起人の同プロジェクト代表、秋山麻紀さんは「飲食店だけでなく、卸売り業や生産者を支援するため、多くの市民に利用してほしい」と呼び掛けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事