技能グランプリ出場の4選手激励 県庁で壮行会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県庁で開かれた壮行会

 熟練技能者が日本一を競う第31回技能グランプリ(厚生労働省など主催)に出場する群馬県代表4選手の壮行会が3日、県庁で開かれ、関係者が選手の健闘を祈った。

 造園の部に出場する紅陵造園(前橋市)の山宮衛さん(43)が、宇留賀敬一副知事から県旗を受け取った。壁装の部に出る県室内装飾事業協同組合技能士会(同市)の久保田隼人さん(40)は「長年鍛えた技を十分に発揮し、全力で競技する」と選手宣誓した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事