旧JR信越線の廃線歩き観光資源学ぶ 市民ガイド養成講座
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 あんなか秋間梅林農泊推進協議会(土取ひろみ会長)主催の市民ボランティアガイド養成講座が、群馬県安中市内で行われた。市民らが旧JR信越線跡を歩くイベント「廃線ウォーク」に参加し、地域の観光資源を学んだ。

 ヘルメットをかぶった参加者は、ガイドを務める市観光機構職員から線路の歴史などを教わりながら、峠の湯―熊ノ平間を歩いた=写真。講座は今後も行われる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事