ラマの赤ちゃん 元気いっぱい 群馬サファリで1月下旬に誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かわいらしいしぐさで人気を集めるラマの赤ちゃん

 中南米の高山地帯に生息するラマ(ラクダ科)の赤ちゃんが、富岡市の群馬サファリパークで一般公開されている。愛らしい瞳やしぐさが来場者に人気だ。

 1月27日生まれのオスで、名前はまだ付いていない。母親に寄り添って乳を飲んだり、飼育員の後ろをついて歩くなど元気いっぱいの姿が見られる。




 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事