若者目線で地域元気に 高経大生が動画配信 高崎市久留馬地区
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開設されたユーチューブチャンネルの画像

 群馬県高崎市久留馬地区の地域活性化を図ろうと、高崎経済大の学生有志が「久留馬地区盛り上げ隊」として活動している。昨年11月からは動画投稿サイト「ユーチューブ」で動画を配信し、同地区の暮らしに役立つ情報を紹介している。

 同地区の人口は2019年までの10年間で約12%減少した一方、世帯数は約5%増加した。若年層の流出と独居高齢者世帯の増加が原因とみられ、長年の課題とされてきた。そこで、19年4月に新設された市久留馬公民館の職員の大村政彦さん(47)が、若者の視点で地域を盛り上げてもらおうと、同大向けにボランティアを募った。

 集まった“隊員”は地域政策学部の学生13人。地域住民を公民館に招く催しを企画していたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて発想を転換。「公民館まで足を運べない高齢者や障害者、遠方に住む地元出身者らにも楽しんでほしい」と動画配信を始めた。

 詳細は「久留馬のくるっとまるっとチャンネル」、問い合わせは同公民館(027-343-7011)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事