温かくしっとり コロナ「不活化」 草津温泉に「手洗乃湯」完成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「手洗乃湯」を利用する観光客

 群馬県の草津温泉湯畑源泉のお湯が新型コロナウイルスの感染力をなくす「不活化」に効果があるとして、草津町が湯畑近くに整備を進めていた温泉水で手を洗う「手洗乃湯てあらいのゆ」が12日、完成した。

◎足湯や湯滝、バスターミナルにも整備へ
 手洗乃湯は、高さ1.3メートル、幅1.2メートルで、湯畑西側のコンビニエンスストア近くの広場に設置。四つの給湯口からは約40度の湯畑源泉が掛け流され、食べ歩きの際などに気軽に利用できる。利用した観光客からは「温かくて気持ちいい」「消毒液より、しっとり」と反応は上々だ。

 町は今後、湯畑の足湯や湯滝、バスターミナル周辺にも整備する方針。

 温泉水の新型コロナ不活化への効果については、町から依頼を受けた群馬大発のベンチャー企業、グッドアイ(桐生市)が調査し、18日に黒岩信忠町長と同大大学院の板橋英之教授らが研究結果を公表する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事