大型トラック横転 対向車が下敷き 男性重傷 碓氷バイパス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大型トラックのコンテナの下敷きになった乗用車=15日午後6時20分ごろ、安中市松井田町入山(アプリ「上毛新聞AR」やYoutubeの上毛新聞チャンネルで動画を見ることができます)

 15日午後3時20分ごろ、安中市松井田町入山の国道18号碓氷バイパスで、茨城県小美玉市三箇の男性会社員(62)の大型トラックが横転し、対向車線を走行していた乗用車がコンテナの下敷きになった。乗用車を運転していた安中市磯部の男性理容師(56)が救出され、肋骨ろっこつや鎖骨を折るなどの重傷を負った。大型トラックの運転手は軽傷。

 群馬県警安中署によると、現場は片側1車線で、大型トラック側からは上り坂で左カーブ。大型トラックのコンテナは乗用車に覆いかぶさるように倒れ、乗用車はつぶされて大破した。路面には大量の木製チップが散乱したため、同署員や消防隊員らが対応に追われた。バイパスは事故発生後から片側交互通行を実施したほか、車両撤去などのため午後7時25分から1時間20分ほど全面通行止めとなった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事