花粉シーズン本格化、コロナ対策と両にらみに  飛散量は昨年より多め
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さまざまな花粉症対策グッズが並ぶ売り場=前橋市のマルエドラッグ箱田店

 今年も本格的なスギ花粉のシーズンに入った。ドラッグストアには花粉症関連のコーナーが設けられ、専用の目薬や点鼻薬、内服薬がずらりと並んでいる。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、ウイルスが付着した手で目をこすったり、鼻の粘膜に触れたりすると感染リスクが高まるとされる。換気で室内を舞う花粉の量が増える可能性もあり、コロナと花粉症、両にらみの対策が求められそうだ。

 スギは暖かくなると花粉を飛ばし始める。民間気象会社「ウェザーニューズ」(千葉市)によると、九州から本県を含む関東甲信の34都府県がシーズン入りした。群馬県では14日に花粉シーズンが始まったとしている。今月下旬には北陸や東北にも広がって飛散のピーク期を迎え、3月後半からはヒノキ花粉、北海道は4月下旬からシラカバ花粉が飛ぶ見通しだ。

 同社によると、今年の飛散予想量は全国的に2011~20年の平均値を下回りそうだ。ただ、昨年は全国的に飛散量が記録的に少なかったため、北海道と青森県を除く44都府県で多くなるとみられる(スギやヒノキが少ない沖縄県は含まれていない)。特に昨年の飛散量が平年比で3割程度だった富山、石川、福井、岐阜、愛知、広島、大分各県は2倍以上の飛散が見込まれるという。

 県内外でドラッグストアを展開する「クスリのマルエ」(前橋市)の担当者によると、花粉症の症状を抑える内服薬など関連商品の売り上げは、例年2月下旬から3月上旬がピークだが、早めに準備する人が増えているという。

 日用品メーカーのエステー(東京都)は、ホームページにコロナ禍での花粉対策の注意点をまとめた。くしゃみやせきをする場合は飛沫ひまつが飛び散らないように下を向き、口元を押さえた手は早めに消毒するよう促し、花粉対策用の眼鏡は、不用意に目を触って起こる接触感染の防止にも役立つとしている。

 コロナ禍で、くしゃみやせきに敏感になっている人もいる。例年以上に「エチケット」が必要になりそうだ。


【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事