前橋冷え込み、一時雪が舞う きょうあす、北部山地は大雪の恐れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内は17日、冬型の気圧配置となって冷え込み、前橋では午後、一時雪が舞った=写真。18、19の両日は北部の山地を中心に大雪の恐れがある。

 前橋地方気象台によると、17日午後6時までの24時間降雪量は、藤原(みなかみ)10センチ、草津9センチ、みなかみ2センチとなった。

 同気象台は18、19の両日には寒気の影響で冬型の気圧配置が強まり、北部山地などで大雪になる恐れがあるとして、交通障害や雪崩に注意するよう呼び掛けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事