ロボットがドア開けた 永明小でプログラミング授業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋永明小(反町恭子校長)は19日、前橋市の同校で外部講師を招いたプログラミングの授業を開いた。6年生がパソコンを使ってプログラムを構築し、自動ドアロボットを動かした=写真

 システム開発のペリテック(高崎市)の社員が、2、3人ごとの班に分かれた児童を指導。「左のドアを開く」など命令を記した付箋で作った設計書を基に、学習用ソフト「スクラッチ」でプログラムを完成させた。試行錯誤の末、センサーに反応してロボットのドアが開閉すると、児童から歓声が上がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事