支援物資輸送 手際良く 高崎倉庫で対応確認訓練
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
支援物資を仕分ける参加者

 群馬県は20日、被災時に支援物資を受け入れ、必要とする場所に届ける輸送訓練を、高崎市下佐野町の高崎倉庫で行った。災害時の協定を県と締結する県トラック協会や県倉庫協会などのメンバーが参加し、大規模災害時の対応の手順を確認した。

 訓練は、県西部を震源とする地震で西毛の市町村に避難者がいて、避難所が設置されているとの想定で始まった。国の支援物資を受け入れる物資集積拠点として高崎倉庫を開設し、参加者が輸送先や個数を確認しながら仕分け作業をして、迅速に発送した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事