セツブンソウ見頃に ぐんま昆虫の森 今月末まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市新里町の県立ぐんま昆虫の森で、セツブンソウが見頃を迎えた。

 セツブンソウは日本固有種で、関東地方以西の石灰岩地を好んで生育する。キンポウゲ科の多年草で、「節分」の頃に白い花が咲くことに由来する。花は2~2.5センチ、茎の高さは10~30センチになる。

 園内の「チョウの道(観察デッキ)」近くと「かやぶき民家」前の2カ所で見ることができる。同園によると、セツブンソウは今月末まで、併せてフクジュソウも楽しめる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事