県立高など入学者選抜追試 2022年度選抜も実施方針 群馬県教委
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 県立高などの入学者選抜で、群馬県教委は新型コロナウイルス感染症やインフルエンザにかかった受験者への配慮として、後期選抜と定時制課程選抜の追試を新年度も実施する方針を示した。実施は3年連続。

 入学者選抜での追試は、新型コロナが広まった昨年3月の2020年度選抜で臨時的な措置として初めて設けられ、同年は学校ごとに定めた面接や作文と調査書で選抜する形式とした。今年3月予定の21年度選抜は、5教科の学力検査などを行う。

 県教委は22日までに、22年度入学者選抜の日程も発表した。県立高の前期選抜は22年2月1、2両日に願書を受け付け、8日(一部校は8、9日)に学力検査などを行う。合格発表は17日。後期選抜の出願は24、25両日で学力検査などは3月8、9両日。合格発表は16日、追試は24日の予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事