安中の秋間梅林 キャンペーンレディー「見て食べて楽しんで」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋間梅林の魅力をPRする土取会長(中央)と安中観光キャンペーンレディーの2人

 見頃を迎える群馬県安中市の秋間梅林をPRしようと、安中観光キャンペーンレディーと秋間梅林観光協会の土取ひろみ会長ら同市の観光関係者が25日、前橋市の上毛新聞社を訪れ、3月下旬まで開かれる秋間梅林のイベントの魅力を語った。

 秋間梅林は「ぐんま三大梅林」の一つで、約50ヘクタールの丘陵地に約3万5000本の梅が植えられている。現在は一分咲きだが、白加賀や南高梅といった品種は3月上旬以降に見頃を迎えるという。

 キャンペーンレディーの佐藤早紀さん(27)と上原麻莉菜さん(23)は「夜にライトアップされると花の美しさが際立つ。梅を見て食べて楽しんでほしい」と呼び掛けた。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事