《週刊風っ子》自分のあだ名 どう思う? 前橋の689人アンケート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 みなさんは、友達や家族を呼ぶときに「あだ名」を使うことはありますか? 上毛新聞・週刊風っ子編集室は、前橋市内にある五つの小学校の子どもたち計689人に協力してもらい、あだ名についてのアンケート(全6問)を行いました。どのくらいの人があだ名で呼ばれているのか、あだ名についてどんなことを感じているのかなど、結果を見てみましょう。

■「あだ名で呼ばれた」75%が経験
 「あだ名で呼ばれることはありますか?」という質問では、75%の児童が「ある」と答えました。

 「ある」と答えた児童に「自分のあだ名についてどう思いますか?」と尋ねると、4年生は「気に入っている」、5、6年生は「何も思わない」が多くなりました。男女別では、男子は「何も思わない」、女子は「気に入っている」がそれぞれ最多でした。

 一方、各学年の9~19人は「気に入っていない」と回答。あだ名で呼ぶときは、「友達はどう感じるのかな」とよく考えてみよう。

■何と呼ばれたい?→呼び捨て「うれしい」半数
 「自分のことを何と呼んでもらったらうれしいですか?」という質問では、約半数の児童が「呼び捨て」と答えました。続いて「あだ名」「さん、君、ちゃん付け」の順で多くなりました。

 学年別では、4年生は「あだ名」と「呼び捨て」が同じくらいで、5、6年生は「呼び捨て」が最多。男女別でも「呼び捨て」が最も多くなりました。

 選んだ理由を聞くと、「あだ名」「呼び捨て」は「仲良く感じる」という回答が目立ちました。「自分と同じ名前の人がいるから」(あだ名)、「自分の名前で呼ばれたい」(呼び捨て)という違いも見られました。

 「さん、君、ちゃん付け」を選んだ児童は「優しく聞こえる」という回答が多かったです。一方、16人の児童は選択肢を全て選び「どれでも大丈夫」と答えました。

■変なあだ名は傷つく…相手の気持ちを考えて
 「あだ名のいいところ・悪いところはどんなところだと思いますか」と質問すると、さまざまな意見を教えてくれました。

 いいところでは、「短く覚えやすい」「呼ぶとすぐ分かる」などの使いやすさや「距離が縮まる」「仲良しな感じ」といった親しみやすいという声がありました。

 一方、悪いところでは、「変なあだ名をつけられると傷つく」「いじめにつながってしまうかも」といったことを心配する意見が聞かれました。

 あだ名は友達との仲をより深められる半面、本人が嫌な気持ちになってしまうこともあると、みんな分かっているようです。あだ名は呼ばれる人の気持ちをよく考えて、みんなが楽しくなる呼び方をしたいですね。「友達にあだ名で呼んでいいか聞く」といった、思いやりの気持ちにあふれた回答もありました。

■「友達に使う」が80%…女子は特に仲良しに
 「あなたはどんな相手によくあだ名を使いますか?」の質問では、男女共に「クラスメート」「親友」と答えた割合が合わせて80%近くを占め、「家族」「先生」「その他」と続きました。あだ名は友達に対して使うことが多いようです。

あなたはどんな相手によくあだ名を使いますか?

 男女別に見ると、男子はクラスメート48%、親友31%、女子は親友41%、クラスメート38%となり、順位が逆転しました。男子は広く友達に、女子は特に仲の良い友達をあだ名で呼ぶ傾向があるようです。その他では、親戚や「ネッ友」(インターネット上の友達)、ペットなどが挙がりました。

 【調査方法】 アンケートは12~17日、前橋市の5小学校(わかば、芳賀、元総社南、笂井、大胡東)の4~6年生を対象に行いました。計689人(男子356人、女子330人、無回答3人)の回答をまとめました。

◎国や文化で異なる名前
 日本人の場合、名前は「名字」と「下の名前」の二つのことが多いです。でも、世界にはたくさん名前を持つ文化もあるんですよ。群馬県内在住の3人に教えてもらいました。

(左から)ジェイレン・シャンテズ・コックスさん、マダプリ・アラチゲ・スニル・バーナード・フェルナンドさん、アジズ・アフメッドさん

《アメリカ》ミドルネーム持つ…前橋市国際交流員 ジェイレン・シャンテズ・コックスさん
 ジェイレンは名前、シャンテズはミドルネーム、コックスが名字です。アメリカでは多くの人がミドルネームを持っています。母親の旧姓や祖父母の下の名前を付けて、その人を尊敬し覚えておくためなど自由に付けることができます。私の場合、シャンテズはフランス語で「歌え」という意味。行政手続き以外、ミドルネームは日常ではほとんど使いません。

《スリランカ》サイン長くて大変…高崎市の小学校でスリランカ文化を伝える マダプリ・アラチゲ・スニル・バーナード・フェルナンドさん
 スニル・バーナードが名前で、スニルはきれいな水、バーナードは死後も人間の姿で天国に行ける人のことを意味します。マダプリ・アラチゲとは、かつて市長を務めた親戚のこと。親戚に偉い人がいない場合などは、この部分がないこともあります。フェルナンドが名字です。日本では、サインをフルネームで書かないといけないので長くて大変ですね。

《パキスタン》神様の名もらう…共愛学園前橋国際大3年 アジズ・アフメッドさん
 パキスタンはイスラム教を信仰する人が多い国で、神様の呼び名をもらって名前に付ける人が多いです。私もイスラム教徒で、アジズは「尊敬され、愛される」、アフメッドは「称賛される」といった意味になります。日本のように名字と名前を組み合わせるといったルールはなく、長くても、1文字だけでもオーケー。アジズは父の名前で、家族の名前をもらったり、住んでいる地域を名乗ったりする人もいます。

《日本》昔はえらい人の特権…みんなに名字は明治から
 日本人はみんな自分の名字と名前を持っていますね。でもそれはいつから始まったか知っていますか? 日本の名前の歴史について、群馬県立歴史博物館の武藤直美さんに話を聞きました。

 昔は名字を名乗れるのは一部の人でした。約1600年前、名字の起源のうじかばねが使われだします。氏は昔の有力者を指し、姓は天皇が位に応じて与える名誉ある名でした。氏や姓を持つ人は名前と組み合わせて名乗り、自分が立派なことを周りに示しました。

 武士が活躍する鎌倉時代になると、自分が守る土地名などを名字として名乗りました。江戸時代は武士や貴族だけの特権で、誰でも名字を持てるようになったのは約150年前の明治以降です。

 名前だけで不便はないのかと思うかもしれません。でも当時は人々の生活する範囲が狭く、それほど問題はなかったのかもしれませんね。

◎名前は変えることできる?→15歳以上から自分の意思で 裁判所の許可必要…弁護士・栗田洋亮さんに聞く
 名前(氏名)を変えることはできるのでしょうか? 弁護士の栗田洋亮さんに、法律で定める名前のルールについて教えてもらいました。

名前に関するルールについて教えてくれた栗田さん

 赤ちゃんが生まれると、名前を書いた出生届を役所に出します。すると、その子の家族や誕生日などの情報を示す戸籍に登録されます。戸籍には氏名(名字と下の名)が記されますが、読み仮名は登録されず、法律上は何と呼んでもよいことになっています。

 15歳以上になると、自分の意思で氏名を変える申し立てを家庭裁判所に行えます。しかし、生活を送る上で大変な障害が認められないと変えられません。「難しくて正確に読めない」「奇妙な名前」などさまざまな理由を裁判所が判断します。

 一方、名前の字はそのままで読み方を変える場合は、裁判所の許可は要りません。届け出れば新しい読みに変更できる市町村も多いようです。

◎20年生まれの赤ちゃん 男の子「蒼」、女の子「陽葵」が人気
 男の子は「あおい」、女の子は「陽葵ひまり」―。明治安田生命(東京都)は、2020(令和2)年生まれの赤ちゃん約1万8000人の名前を調べ、人気ランキングを公表しています。同社のホームページでは、大正以降の人気の名前をたどれます。

生まれ年別1位の名前(明治安田生命HPをもとに作成)

 大正に元号が変わった直後、男子は「正一」、女子は「正子」が人気。昭和の改元では男子は「昭二」、女子は「和子」が上位に。戦時中、男子は「勇」「勝」が人気でした。1965年ごろから女子の「子」離れが始まりました。

 最近は、男子は漢字1文字の人気が上昇。女子は平成以降、花や草木をイメージするものが上位に入り、令和になって和を連想させる名前も人気です。

 ※「週刊風っ子」は毎週日曜発刊の上毛新聞子ども新聞です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事