大麻栽培疑いで松葉会系組長逮捕 前橋と渋川で警視庁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市のアパートや渋川市の住宅で大麻を栽培したとして、警視庁多摩中央署は3日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで、高崎市中泉町、指定暴力団松葉会系組長(53)を逮捕した。

 同署は昨年9月から同法違反容疑で松葉会系組員ら6人を逮捕している。末端価格で計約1億4400万円相当の大麻草などを押収した。同署は、松葉会が組織的に関与している可能性もあるとみて捜査を進めている。

 組長の逮捕容疑は、6人のうちの5人と共謀して昨年6~10月、前橋市のアパートと渋川市の住宅内で、大麻草の苗木計84本を販売目的で栽培した疑い。

 同署によると、「関係ない」などと容疑を否認している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事