組長ら3人重傷 銃撃、「車にひかれ」 群馬県警、殺人未遂で捜査本部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事件があった現場を調べる捜査員=4日午前9時半ごろ、伊勢崎市本町

 4日午前3時35分ごろ、群馬県伊勢崎市本町の県道前橋館林線の路上で、「人がもめている。けんかではないか」と伊勢崎署に通報があった。県警によると、このトラブルに絡み、指定暴力団六代目山口組系組長ら3人が拳銃で撃たれるなどしていずれも重傷を負った。県警は殺人未遂事件として伊勢崎署に捜査本部を設置。拳銃を所持した犯人グループが逃走している可能性があるとみて捜査している。

 捜査本部によると、同日午前5時ごろ、太田市内の病院から「銃で撃たれたようなけが人が来ている」と太田署に通報があった。共に太田市に住む男性組長(48)が肩を、組関係者の男性(27)が顔をそれぞれ撃たれていた。同じ組関係者の男性(30)=同市=も全身打撲で、「車にひかれた」と話している。別の関係者に伴われて来院したという。

 伊勢崎市の現場では「大勢が集まりトラブルになっていた」との情報もあり、捜査本部は周辺の防犯カメラを解析するなど詳しい状況を調べている。路上には車の部品や靴、バットなどが散乱。血痕やブレーキ痕もあった。組長らが路上で銃撃されたかは判明していない。

 捜査本部は110人態勢。犯人が拳銃を持ったまま逃げている可能性があるとして、地域住民に警戒を呼び掛けている。

 県内では昨年1月、桐生市で山口組系の組員が撃たれて死亡。12月には太田市の病院に指定暴力団稲川会系組員の遺体が遺棄されるなど、暴力団や銃器が関係する事件が発生している。

◎20~30人乱闘? 市街に不安

 4日未明、伊勢崎市の中心市街地で起きた殺人未遂事件。大勢の男らが乱闘したとみられ、交差点にはバットやガラス片などが散乱し、銃撃を伴う凶悪事件に住民は不安を募らせた。

 目撃した男性(65)によると、午前3時半ごろ、交差点付近に男20~30人が集まり、10台ほどの車が並んだ。「『ぶっ殺してやる』と怒鳴ったり、バットを持って走ったりしていた。肩を支えられて車に乗せられている人もいた」とした。

 同市内の飲食店は2日に時短営業が解除されたが、夜間の人通りは少なかったという。近くの女性は「シャッター通りになってだんだんと治安が悪くなった。夜間は人が近寄りにくい雰囲気だ」と不安そう。事件前、近くの店で働いていた男性(39)は「午前1時すぎから、車の急ブレーキのような音が聞こえた。この辺りはけんかやトラブルが多かったが、まさか発砲事件とは」と驚いていた。

 現場から約600メートルの伊勢崎北小では、児童が教職員に自宅近くまで見守られながら集団下校した。同市教委は全中学校で放課後の部活動を中止。伊勢崎署は周辺のパトロールを強化している。

 事件が起きた県道前橋館林線交差点は午後1時すぎまで通行止めとなった。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事