訪問企業の強み発表 市立前橋高が報告会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 市立前橋高(天野正明校長)は4日、前橋市の同校体育館で、生徒が地元企業を訪問して仕事内容を学ぶ「フィールドスタディ」の報告会を行った。1年生238人が48班に分かれて、各企業の強みや解決しようとしている社会課題を発表した=写真

 石窯製造の増田煉瓦を訪問した班は「県内から海外まで販売している。コロナ禍で窯をPRする機会が減ったため、SNSを活用している」と会社の現状を説明。「人がやらないビジネスの形をつくれて達成感がある」との経営者の言葉を紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事