狩野氏「陣中見舞い」で自民2県議が会見 「配った経験はない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市議選に立候補した複数の陣営に同市区選出の狩野浩志県議が「陣中見舞い」として現金入りの封筒を渡したことについて、いずれも同市区選出の自民党県議の中沢丈一、安孫子哲の両氏が5日、群馬県庁で会見し、狩野氏に対して「説明を求めたい」と話した。

 両氏は、陣中見舞いを配る行為への疑問が多く寄せられているとし、説明により疑義を払拭ふっしょくすることを求めた。両氏とも「自身が陣中見舞いを配った経験はない」とした。県選管によると、公選法は政治家が自らの選挙区内の有権者に寄付することを禁じているが、政治団体への一定の寄付は認められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事