日本酒造り 作業大詰め
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 寒さを生かした日本酒造りが、各地の酒蔵で大詰めを迎えている。群馬県中之条町の貴娘酒造では蒸した酒米に麹菌(こうじきん)をまぶし、丁寧に混ぜ合わせるなどの作業を進めている=写真

 同酒造は、この時季に気温が上がる場合は氷を使うなどして温度管理を徹底。例年、新米が手に入る10月中旬から酒造りを始め、4月上旬までに終える。


【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事