「元気に帰ってきてね」 親子らサケの稚魚放流 烏川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の高崎青年会議所(柳沢佳希理事長)は6日、高崎市の和田橋近くの親水公園でサケの稚魚放流を行った。昨年12月、市内の小中学生らに約6万粒の卵を配布。稚魚まで育てた親子らが烏川に「バイバイ」「帰ってきてね」などと声を掛けながら、烏川に放した=写真

 生き物を育てることを通して子育てを疑似体験し、親子の愛を感じてほしいとの願いを込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事