社会学者・上野さん講演 「沈黙は同意、笑いは加担」 性差別解消へ持論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
都内からオンラインで講演する上野さん=前橋市・県教育会館

 ジェンダー研究で知られる社会学者の上野千鶴子さんが7日、群馬県内の教職員や一般向けにオンライン形式で講演した。性別によって社会的役割などを区別する言動について「沈黙は同意、笑いは積極的加担になる。おかしいことをその場で伝えることが社会を変える」と呼び掛けた。

 東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗元会長の女性蔑視発言にインターネットなどで批判が広がった経緯に触れ、「世論が辞任に追い詰めた」と指摘した。性差別や性被害を許さない社会の理解について、「日本は勝手に変わったわけではなく、私たちが変えてきた。だからあなたたちも変えられると(周囲や次世代に)伝えられる」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事