ジェンダー平等や女性の生き方考える 国際女性デーにフェスタ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性活躍やジェンダー平等について意見を述べる唐沢支部長(左から3人目)や前田教授(同2人目)ら
男女格差是正を呼び掛ける参加者

 女性の生き方やジェンダー平等について理解を深めてもらおうと、ハッピーウーマン実行委員会群馬支部(唐沢寿子支部長)は8日、群馬県富岡市の世界文化遺産、富岡製糸場の西置繭所でハッピーウーマンフェスタを開いた。高崎商科大の前田拓生教授の講演やトークセッションを通じ、女性活躍や多文化共生について考えた。

 新型コロナウイルス対策のため無観客で開催。25日に、動画投稿サイト「ユーチューブ」のハッピーウーマン公式チャンネルで配信する予定。

◎県庁前でスタンディングアピール 

 ジェンダー平等の実現に向けてメッセージを発信しようと、国際女性デー県集会実行委員会は8日、前橋市の県庁前でスタンディングアピールを行った。70人が参加し、看板などで男女格差や差別の解消を訴えた。

 例年は県集会を行っているが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止し、街頭での広報活動に切り替えて実施した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事